「記事が属しているカテゴリー名の表示」と「カテゴリーに属する記事一覧を表示」させるPHPコード

before-after
このサイト、「へっぽこアフィリエイターの子育てブログ」は本当に統一性のないブログです・・・
「WordPress」「アフィリエイト」「子育て」・・・・

アフィリエイト目的で訪問されたユーザーが子育てのカテゴリーに興味を持つでしょうか・・・・?
当たり前ですが、興味はもちませんよね。

今までサイドバーの上部に「最近の投稿」を表示させていたのですが、関連性のない記事が乱立してしまっていたので、せめてカテゴリー内の記事一覧でも表示しておこうと思います。

PHPコード記述例

<?php if(is_single() || is_category()): ?>
<div>
<h3>「<?php $cat = get_the_category(); $cat = $cat[0]; { echo $cat->cat_name; } ?>」内記事一覧</h3>
<?php
$cat = get_the_category(); $cat = $cat[0];
$cat = $cat->cat_ID;
$posts = get_posts(“order=DESC&category=$cat&numberposts=10″);
?>
<ul>
<?php foreach($posts as $post): ?>
<li><a href=”<?php the_permalink() ?>”><?php the_title(); ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>
</div>
<?php endif ?>

同じ事をしたいと考えている方はコピペしてそのまま使っちゃってください。CSSの調整はお願いします。少しだけご説明を。

条件分岐

まずは条件分岐。
TETSUは「投稿の個別ページ」と「カテゴリーページ」のみに適応させたかったので条件分岐を設定しています。

<?php if(is_single() || is_category()): ?>
このコード間に記述されたコードは「投稿の個別ページ」と「カテゴリーページ」にのみ適応されます。
<?php endif ?>

記事が属するカテゴリの取得

カテゴリータイトル取得によく使用されるのが以下のコードです。
<?php the_category(); ?>

ただしこのコードではリンク付きになってしまいます。

そこで、リンクをはずすために
<?php $cat = get_the_category(); $cat = $cat[0]; { echo $cat->cat_name; } ?>
と記述しています。


タグ

2012年12月22日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:WordPress

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ


2 − = 一

※コメントを送信する前に上の数式の計算をお願いします。

このページの先頭へ