最強の毛生え薬?プロペシア

最近、美容や健康に関するサイトを3サイトほど立ち上げました。中でも一番力を入れているのが「はげ・薄毛」に関するサイトです。

「はげ・薄毛」について調べるていくとプロペシアという飲む育毛剤にいきついたので、プロペシアについて備忘録しておこうと思います。

プロペシアは最強の飲む育毛剤といわれていて、この薬を服用することで多くの薄毛・抜け毛が改善することが多くの臨床試験からわかってきています。ですが、周りを見渡してみると、このような効果的な治療薬があるにもかかわらず、薄毛の方を見受けることができます。

これには2つの理由があげられそうです。
①そもそも「プロペシア」の存在を知らない場合。
②プロペシアの存在は知っていても、複数の理由から服用を踏み切れない場合。

①については、このブログを読んでいただいた時点でクリアされたので
②について理由を詳しく解説していきます。

最強の毛生え薬と言われるプロペシアですが、完璧な治療薬など存在しません。
プロペシアはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる男性ホルモンの影響で症状が進行してしまうタイプの薄毛・抜け毛に非常に効果が高いのは前々から話題になっているので、ご存知の方も多いと思います。
しかし実際にプロペシアを服用している人はそれほど多くありませんん。

一番の理由として価格と治療薬の特性にあります

プロペシアだけに関わらず、はげに関わる治療は病気の治療目的ではなく歯列矯正などと同様に美容目的とされるため健康保険が適用されずその費用は全て自己負担となってしまいます。
クリニックや病院なので処方してもらおうとすると、月に¥15000-~¥20000-程度は必要となるでしょう。

またプロペシアはその効果が得られるまで早い人でも3ヶ月・遅い人で6ヶ月程度の治療期間が必要となります。しかも毎日1錠欠かさずに服用していかなければなりません。さらに効果がでてきたからといって服用をやめてしまうと、再び薄毛や抜け毛が進行してしまうのです。

2つ目の理由として副作用が上げられます。

プロペシアは男性ホルモンの働きを抑制する治療薬となるので、性に関わる副作用、「性欲減退」や「女性乳房化」などが報告されています。またその他には肝機能障害が起こりうる可能性があることも製薬会社は示唆しています。

ですがこれらの副作用の症状が出る割合は、臨床試験の結果、プラセボと呼ばれる(プロペシアの有効成分を含んでいない)偽薬を服用した場合とその割合はほとんど変化がないため、さほど気にすることは無いのかもしれません。

まとめ

経済的に余裕があり、どうしても即効性が必要なら、カツラや植毛などの方法もありますが、これは自分自身の髪の毛ではないため抵抗がある方も多いでしょう。
プロペシアは現在、最強の毛生え薬であることは間違いありませんので、自分自身の髪の毛を増やしたいと考えるなら、服用されることをおすすめします。

大切なことは、プロペシアの「効果」と「費用」「副作用」「治療にかかる時間」などを考え自分自身で検討することが重要になってきます。


タグ

2014年7月27日 | コメント/トラックバック(0) |
カテゴリー:アフィリエイト

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ


− 3 = 一

※コメントを送信する前に上の数式の計算をお願いします。

このページの先頭へ